オリジナル

【同人誌】異世界エルフ発情の魔眼3 ~魔薬編~

異世界に転生した男だったが、何のスキルもなく宿の店員をしていた。そこへ勇者パーティーがやってくる。 メンバーの魔法使いエルフは、美人だがクソ生意気。魔法具を使って強●発情させるものの邪魔が入り…… 今回は魔法の秘薬によって《服だけ溶かすスライム》になってイタズラしほうだい! 蕩けてしまったエルフ少女は、恋人である勇者様と一夜を共にするのだが……?
オリジナル

【同人誌】満たされて目覚める朝に、地味な朝食を

恋人にフラれた孝太郎と紗花が同窓会でたまたま出会い、 ひょんなことから孝太郎の家で一夜を共にする事になる。 恋愛観も性格も正反対な二人だが、身体の相性は抜群で、 身も心も満たされる一夜を過ごす―。
オリジナル

【同人誌】したたか後輩ちゃんに搾られまくって結婚するまでのお話(前編)

エッチな体で誘惑してくる後輩ちゃんの話です。
オリジナル

【同人誌】僕にハーレムセフレができた理由2

前話で… 陰キャにも普通に接してくれるギャル3人に童貞をささげ さらに【セフレ】な関係にまで発展できた主人公であったが… いい感じに もてあそんでくれるセフレギャル3人から 【オナ禁】という指令が下る。 人生初のオナ禁。 オナ禁中に出る症状に悩まされる。 ・女子がいつもの倍カワイく見える現象。 ・ちょっとのことですぐフル勃起現象。 ・敏感ペ〇スすぐ我慢汁じゅわ~現象。 これらの症状に耐えながら… まさか、あんな状況で オナ禁あけ1発目の大量発射をむかえるとは…
オリジナル

【同人誌】気弱な彼女は抗えない ~インターン寝取られ調教実習~

夏休みに行われるインターンシップ実習。 温泉旅館を訪れた可澄は、社長の息子に無理やり犯●れ、逃げられない泥沼へと引きずり込まれてゆく――。 ●物が混入したコーヒーを飲まされ、可澄はあられもない姿を動画で撮影されてしまう。 それをネタに身体の関係を迫られどうすることもできない少女は、彼氏である修司に申し訳なく思いつつ、実習が終わるまで耐える決意をする。 身体を重ねる内に今まで経験したことのない快楽が芽吹き始め、それと罪悪感の狭間で生じる軋みに、少女の心は次第に壊れていくのであった……。
オリジナル

【同人誌】妹の友達がドスケベ体臭フェチ過ぎて、陰キャの俺と危険日中出しハメまくり

「おにーさん気付いてます? 自分が今どんなにエッチなニオイさせてるか…」 妹が連れてきた女友達《シホちゃん》は巨乳で美人で超「ニオイフェチ」!? 男の人のクッサ~いニオイが大好きな彼女のドスケベ誘惑に抗えず 遊びに来るたび隠れて変態エッチしまくっちゃう俺。 最後には一週間の禁欲を経て危険日お泊り中出しセックスまで…な話。
オリジナル

【同人誌】日焼け跡くっきりな男の娘

陸上部の中で、男なのに飛び切りかわいい見た目の柚希。 そのせいか、日常的に他の部員からセクハラをされてしまう。 主人公の部長は、それを幾度か助けていた。 ある日、遠征先のホテルで二人は同室に。 お互いに好意を持っていることを知った、 柚希と部長を邪魔するものは何もなく…。 女子のユニホームを着て、男の娘になった柚希を 徹底的に愛しまくる…!! 部長から散々愛されてしまった柚希は……
オリジナル

【同人CG】女友達の斎藤さん2 ~女友達ふたりに射精の手伝いをしてもらいまくりの性活~

●●に通う島田くんは、あるきっかけで女友達の斎藤さんに性処理してもらう日々を送っていた。 しかし、その現場を学年一の美女の橘さんに見られ、島田くんは橘さんとも関係を持ってしまい・・・? 「都合よく射精したい!」 「彼女じゃなくて女友達とHなことがしたい!」 「時にからかわれながら、時にわがままをうけいれられてイカされたい!」 そういう方におすすめの今作。
オリジナル

【同人誌】先生は出会う前から調教済み

初めて出来た彼女は 年上だけど可愛くて 優しく勉強を教えてくれる塾の先生。 ―そしてついに迎える初エッチ 自分は童貞だったのに… 「私のこと乱暴に扱ってくれない?」 なんと先生は自分をオナホ扱いして 欲しいと言い出しすドM女…―!? そして先生の要望はだんだんエスカレートしていき 目隠し、拘束、コスプレエッチ イラマチオにごっくん、スパンキングまで… (それでも先生のことが大好きだから…! 望むことは何でもしてあげたい…!) 一途で一生懸命に尽くせば尽くすほど 先生とのエッチはどんどん過激になっていき…
オリジナル

【同人誌】即売会後の電車で…

イベントで痴●に犯●れてしまったももか。 今度は帰りの電車で集団痴●に遭う…。 なんとか乗り込んだ帰りの電車はイベント後で超満員。 朝よりひどい混み具合でももかはまともな体勢をとれず胸を前の客に、 お尻を後ろの客に押し付ける形になってしまう。 相手への申し訳なさと恥ずかしさで真っ赤になるももか。 しかし次第に‘あたっている’状態から‘触られてる’状態になっている事に気づく。 なんと後ろにいたのはイベント会場で自分を犯した男だった。 なんとか逃げ出そうと身を捩るも、ももかにまとわりつく多数の手がそれを拒む。 気がつけば周りは痴●の男たち…。
タイトルとURLをコピーしました