人妻

オリジナル

【同人誌】月額2万円 ヤリスクリプション ~毎日お届けヤレる子サービス~

月額2万円 毎日ヤレる女の子をお届け! その名もヤリスクリプション!! …と、冗談でも笑えないようなあり得ないサービス… 結論から言うと、本物だった!! サービスに加入して、毎日オレの家に女の子が届く… ヤレる女の子が届く!!しかも風俗とは無関係の素人嬢が届くなんて もはや理解できない。 しかし、理解できなくても、理解する必要はない。なぜなら、 目の前の美少女とヤレるのは紛れもない事実であり、 生でハメて中出しして、オレに一切の不都合はない。 もはやこの状況を楽しむ以外に、何も迷うことは無いのだ。 近くの学校に通う処女、嫌悪丸出しの女、近所の爆乳お姉さん… 外国人に母娘丼まで!!
オリジナル

【同人誌】人妻かおりさんの極上むさぼりセックス

疲れた男の心も『体』も元気付けてくれる近所のフレンドリーな人妻かおりさん。 主人公はいつも徹夜で朝帰りの社畜リーマン。 大分精神的に弱っていたところ、 ひょんなことから、悩んでる人を見逃せない世話焼きな かおりさんの奉仕を受けることに。 数々の甘やかしプレイで男心をがっちり掴んで離さない! 激しい男の欲望を叩きつけるようなプレイも進んで受け入れてくれるまさに女神♪
オリジナル

【同人誌】子作り中の妻が寝取られ 寝室で使用済みコンドームを見つけたので隠しカメラを仕込んでみたら・・

妊活中の僕たちは仲良くラブラブで暮らせてる・・と思っていた・・ ある日、寝室のゴミ箱に使用済みのコンドームが捨てられているのを見つけてしまう まさかと思いカメラを仕掛けたら、そこには知らない男と妻の姿が・・
オリジナル

【同人誌】友達のママが僕のデカチンでイキまくった温泉旅行

友達のママ、瑠美さんと 会わなくなって数ヶ月… 関係も終わりかと諦めかけていた大型連休直前、 瑠美さんから突然、 2人きりの温泉旅行に誘われる。 期待感で勃起が治らない 僕のデカチンに ドライブインで優しくむしゃぶりついてくる エロエロの瑠美さん。 温泉旅館で浴衣に着替えた瑠美さんは 美しく艶やかで 我慢の限界を迎えた僕は… あの日のように デカチンで瑠美さんを イカせまくるのだった。
オリジナル

【同人誌】大っキライなセクハラ同居義父の絶倫チンポでNTR アナタ‥ごめんね‥

専業主婦・西野真緒(28歳) 愛する旦那様とラブラブ結婚生活・・・のはずが 毎日セクハラしてくる義父と同居中で、 ただでさえ欲求不満なのにセクハラで刺激されて ムラムラ&イライラ さらに絶倫義父は毎日のように風俗嬢を呼び セックスを見せつけてくる 「サイアクっ」 そんなある日、楽しみにしていた一泊二日のラブラブ温泉旅行がなぜか義父と行くことに・・ 2人きり、義父の魔の手が真緒に忍び寄る 「こんな熟れ盛りの身体をほっておくとは、息子の責務を代わりに果たせねば」 「真緒さん、欲しくなったらワシの肉棒を好きに使いなさい」 セックスレスの日々 欲求不満が募り 義父に乳首をいじられただけでイってしまう 「どうしようっ絶対嫌なのにっ身体が逆らえないっ」 抵抗するも、鉄のように硬く反り返った猛々しい義父のチンポに逆らえず 挿入され・・ 「タケル君・・ごめん・・」 「私・・欲しくなってる・・」
オリジナル

【同人誌】夫婦とヤヴァイ奴らと学生と

人妻AVを撮影するヤヴァイ人たちと、そのヤヴァイ人たちの言いなりになって嫁のAVを編集する旦那と、その旦那に編集を教える為に雇われた大学生の漫画。
オリジナル

【同人誌】部下とセックスする人妻上司~由美子~2

お酒に酔い部下と一晩の過ちを犯してしまった人妻、由美子。 その日を境に夫との夜の生活に不満を感じ始め、部下との一夜を 忘れられずにいた。 そんな日々を過ごす中、一年後、残業をする二人。 お互いあの日の事は触れずにいたが、ふと我慢できずに口走ってしまう。 「一年前の事、覚えてる…?」 そして…
オリジナル

【同人誌】母に似たひと ~後編~

未来の父が一時的に帰国することになり、 拓馬と食事を共にする事が難しくなった。 拓馬の食事情を心配した詩織は 彼の家へ食事を作りに行く事に・・・
オリジナル

【同人誌】僕と事務員の藤田さん2

学校にいる地味なくせにどエロな事務員さんとMっ気体質の生徒の●●●。 二人のえっちの舞台は学校から藤田家に・・・。 藤田さんの旦那と娘がいない時に急に訪ねてきた●●●・・・。 ●●●の目的は? 藤田さんはどうするのか? まさか?リビングで? 家族にバレるかも? 二人の関係はどうなる? 僕と事務員さんの・・・ 手コキ、授乳手コキ、フェラ、クンニ、69 正常位中出し、バック、寝バック、騎乗位、乳首責め騎乗位中出し ちんぐりアナル舐め、ちんぐり騎乗位中出し
オリジナル

【同人誌】亡き兄の嫁

兄が死んでから、向日葵のように笑っていた義姉は消えてしまった。 ……いつかもう一度、朗らかに笑う姉を見たい。 そう思いながら過ごすある日、俺は義姉の自慰を目撃してしまった。 イケナイことだと分かっているのに、押し秘めた感情に動かされて彼女を襲ってしまう。 「旦那を……あなたのお兄さんを、裏切れないから……」 「義弟のペニスではしたなくイって、まだ裏切りじゃないつもりなの?」 ただ彼女に笑って欲しかったのに、暗い欲望はとどまる所を知らず……。
タイトルとURLをコピーしました